すき間ベイスターズ

他の人が拾わないすき間ネタを求めていった結果、経済系プロ野球ブログの色が濃くなっています。 スポーツナビ+から引っ越して来ました。

アンチはカープファンをどう思っているのか

「カープファンは他のチームのファンからどう思われているのだろうか」という文春オンライン記事が、カープファンからの勇気ある問題提起として話題になった。以下は当時の私のコメントである。


問題提起はされたが、やはり荷が重かったのか、問題の入り口で立ち止まってしまっていた。その後の長谷川昌一氏によるフォロー記事での杉作氏への回答を引用する。


そして、本文中にあった「他のチームのファンから嫌われているのではないか」という問いを考える。答えづらいことではあるけれども、「イエス」と答えざるを得ない一面もあるとは思う。でも、それは何度も繰り返すように「一部の過激な、過剰なファン」の目に余る行為についてだけだ。当然のことながら、カープファン全員が嫌われているはずがあるわけがない。そしてこれは、どの球団にだって当てはまる問いであり、答えなのだ。



問いに答えてはいるし、私も同感だが、ど真ん中の一般論である。杉作氏への慰めとしてはさすがに説得力に欠けるのではと感じた。

本稿は杉作氏の問いに対する私なりの回答である。私が知りたかったのは、どのように、なぜ、嫌われているかである。そのためにアンチ広島の人々の声を集めることにした。

2018年日本シリーズ期間(10/27~11/3)中に、バカープあるいはバカープファンという語を用いたツイートが1421回行われた。その中から100を無作為抽出して分類した。また、比較対象として、2017年日本シリーズ期間(10/28~11/4)中のベイスターズ蔑称(ハメカスあるいは雑魚浜、726回)でも同様の分類をした。

日本シリーズ期間中としたのは、その他のNPBの試合がないために幅広いアンチの声が集まると期待したからだ。
蔑称でツイートを絞り込むことで、ツイートの主をほぼアンチの人々に限定でき、憎悪の原因に容易に近づくことができる。大まかな傾向をつかむには、100という数は悪くない。比率の95%信頼区間は最大で±9.8%となり、半分くらいとか、1,2割くらいという精度の話はできる。

結果を図にまとめた。
蔑称円グラフ
ツイートで蔑称を使う動機に着目して分類を試みた。なお、分類例として示したものには、標本の100ツイート以外の事例も含まれるが、基準を示すためとご理解いただきたい。

1.自虐、冗談?
自らに対して使うなど、否定的な意味を込めない使い方。

2.蔑称に対する反応
蔑称を使うことも充分恥ずべき行為、一部の不心得者と一緒にしないで欲しい。蔑称を使われてしまう者がいて残念だなど、自発的でない使い方。

3.ルール、マナー違反
トイレでの充電、某YouTuber批判などに言及したもの。具体的な事例を含まない、ルールを守らないから嫌いといった意見表明も含む。

4.座席、チケット
カープのグッズ着用が禁止された席の購入および立ち入り、マツダスタジアムのビジターパフォーマンス席での空席、カープファンの各球場での多さなどに言及したもの。ヤフオクドームの内野席での立ち上がっての応援はルール違反でもあるが、場所をわきまえない行為ということで座席の要素が強いと考えてこちらに含めた。

5.その他、単純な侮辱や動機不明なもの
他球団に対して見下した発言、負け惜しみなど、調子に乗っているとかイキッているとされる言動に対する反発や、盗塁失敗や負けた直後に発せられたものも含まれる。今回は深く立ち入らない。

比べると、球場で嫌われる広島、ネットで嘲笑される横浜といった構図が見えてきた。

アンチ広島ツイートでは、球場での行為に言及したものが少なからずあるのに対して、アンチ横浜ツイートにはほとんどない。

アンチ横浜は上位10アカウントだけで、171ツイートしており、その多くがネットでの横浜ファンの珍コメントに関する掲示板のまとめサイトへの誘導である。

また、広島ファンが自ら蔑称を名乗ることはかなり例外的だが、横浜ファンの一部は、単なる横浜ファンの別名くらいの感覚で使うようだ。


この差がなぜ生まれたか、素朴に受け止めれば、広島ファンの行いが悪く、横浜ファンは品行方正だったということになる。

しかし、私はこの見方には懐疑的である。横浜スタジアムと周辺で、ルール違反(ビン・カンのスタンドへの持込み、禁止場所での喫煙)をしている横浜ファンを毎回見かけるからである。

横浜の蔑称の使われ方を見ると、まだネットスラングの域にあり、球場などでのトラブルにそれほど関心が向いていなかったのかも知れない。

ハメカスアンチbotの固定ツイートには、まさに「インターネット上で最もマナーが悪い野球ファン」と書かれている。

つまり、ハメカスの定義に球場でのルール違反や迷惑行為は入っておらず、仮に目撃されても、ハメカスとしては認識されなかった。対してバカープという言葉は、より普及して定義も拡大しているのではないか。

この見方も一理あるとは思うが、急所を外している。そもそもハメカスの定義がバカープのように拡大しなかったのはなぜかという疑問が残るからだ。先ほど述べたように、広島ファンと横浜ファンの民度の差ではない。

私の結論は単純である。球場での観客数の差だ。どこのファンも、明文化されたルール以前の感情レベルで、ここまでは「うちの席」という縄張り意識があり、そこに「侵入してくる」他球団ファンに寛容にはなれない。各球場とも着用グッズが制限されたホームあるいはビジター専用席が主に外野席に設けられているが、内野席の大半はルール上はそうした制限はない。しかし、多くの人は縄張りを意識して、内野席でも応援するチームのベンチがある方の席を優先的に選ぶ。とはいえ、両チームのファンが同数ということはないので、満席に近づけば必然的に反対側の席にはみ出すファンが出てくる。

ホームチームのファンが内野席ではみ出すのは比較的許容されている。しかし、近年はホームのマツダのみならずビジターの球場でも、カープファンが非常に多い。結果、縄張りを侵すのはどうしてもカープファンが目立つことになる。さらに、マツダでは立見しやすい設計が仇となって、ビジター応援席を入場券代わりにするカープファンが問題化してしまった。観客の数で劣勢を感じている他球団ファンの苛立ちこそが憎悪の根幹である。

表面上はアンチの人々は球場などでのルール違反に反応しているように見える。しかし、ルール違反の中でも、座席やチケットに関することに特に厳しい。内野席での立ち上がっての応援への反応の裏には、「ヤフオクの内野に何でこんなにいるの?」という本音があるはずだ。そのイライラが下地としてあるから、どこのファンの中にもいる禁止場所での喫煙やトイレでの充電にも「これだからバカープは困る」という反応になる。

数の差というのは単純ながら解決は難しい問題である。有効な対抗策を見いだせない無力感がアンチの原動力なのかもしれない。


続きを読む

ねつ造の #横浜空気読め

2018年9月24日、広島東洋カープの優勝マジック1で迎えた広島-DeNA戦のさなかに、それは始まった。


このツイートが多くの人の怒りを買ったのは言うまでもない。まさに直後から、逆手にとって横浜を応援する文脈でベイスターズファンが使い出し、事実上このハッシュタグを占拠する形となった。もちろん、このフェアプレイ精神のかけらもないハッシュタグを使う広島ファンを嫌悪するツイートも多かった。

ところが、最初のツイートをしたのは、憎らしい広島ファンになりすましたアカウントである。ファン同士の対立をあおる「釣り」ではないかと返信などで指摘する者も多かったが、約80の返信に一切応答しておらず真意は不明である。

このように、この騒動は終始一貫して広島ファンの存在が希薄なまま進行した。

最初のツイートにいいね!とリツイートをしたアカウントの応援する球団を調査したものを示す。全数は調べられなかったが、いずれも半数超のデータを集めた。
空気読め1リツイートやいいね!をした、半数を超えるベイスターズファンの動機は、共感ではなく怒りであろう。それにしても、広島ファンが少ない。他球団ファンが目の敵にしている、対戦相手への敬意を欠くファンがもし無視できない規模で存在するならば、これは不自然ではないだろうか?

そもそも、実際に #横浜空気読め を使って、横浜に負けてほしいというツイートはどれほどあったのだろうか? 9月24日の #横浜空気読め が含まれる全314ツイート(リツイートは除く)のうち、わずか13に過ぎない。

そのうち、報復死球しろといったものが2つある。一つはもちろん最初のツイートで、もう一つも広島ファンではない。

残り11本は、絵文字を交えるなどして茶化したつもりらしい。こちらは広島ファン以外に、ロッテ、阪神、横浜、西武、ヤクルトファンがいる。冗談のつもりなら許されるかという問題はあるが今回はふれない。

結局、#横浜空気読め というハッシュタグで横浜を呪った広島ファンは皆無であった。広島ファンのツイッター利用者は、このタグを見事なまでに無視した。いいね!を押して同類と誤解されたくなかったし、リツイートして広島ファンの恥を広めたくもなかった。

いっぽうで、横浜ファンはこのタグを広島ファンからの攻撃と誤解し、盛大に反撃した。広島ファンの蔑称を使って罵った者も当然いた。子供の口げんかと大差ない。

この騒動で、確かに最初のツイートは不快だが、私はそれ以上に、その後の経過に気味悪さを感じる。

最初のツイートがなりすましによる釣りであることは、過去のツイートを見ればすぐにわかることであるし、リアルタイムで多くの人が指摘もしている。にもかかわらず多くの人が釣られてしまった。確かに #横浜空気読め というハッシュタグは、たった6文字で無礼な広島ファンを彷彿とさせる、ある意味センスが光るものだ。しかし、「無礼な広島ファンを叩きたい」という潜在的需要がもともとあったからこそ拡散したのではないか。

そういう素地がある人にとって、発端がなりすましかどうかなど調べるまでもない。こんなタグを作るのは広島ファンに違いないから、後は叩くのみである。そんなアンチ広島ファン同士の自作自演を横で見ている他の人にも、無礼な広島ファンという印象が広まっていく。

こんな仮説が思い浮かぶのだが、考え過ぎだろうか。

無名の乙坂智がメキシコWLで4割を打つのはたやすいことか?

 27試合に出場し、100打数41安打の打率.410、OPS(出塁率+長打率).967という圧巻の成績。8試合連続ヒットで締めくくった。9回に乙坂が打席に入った際には、決して観客数は多くなかったものの、ファンがスタンディングオベーション。
DeNA乙坂「勉強になった」 メキシコWLで打率.410、ファン総立ちで別れ,2017/12/16,full-count
圧巻の成績といわれても、メキシコのウィンターリーグ(la Liga Mexicana del Pacifico, LMP)の位置づけが分からないことには評価のしようがないというのが、日本のファンの本音だろう。

筒香のドミニカ行きに随行した際に、乙坂はロースターに入ることすらできなかったことからして、何らかの差はありそうだ。手始めに、mlb.comの各ウィンターリーグのロースターから、メジャーリーガーの数を拾ってみた。
WLmlb40

メキシコが圧倒的に少ないわけだが、これはメキシコだけが3A格とされる有力な夏季リーグを開催しているためだろう。この数字から受ける印象ほどの差ではなさそうである。阿佐智氏によれば、カリビアンシリーズで近年優勝を重ねており、日本やドミニカなどと同等だろうとのことである。
阿佐 智,メキシコ野球を追う -第5回- メキシコ野球のレベル,2016/11/5,Clipee

また、夏季のメキシカンリーグは高地の球場が多いため打高とされるが、ウィンターリーグの球場はほとんど低地である。球場の大きさも標準的かやや広いくらいである。

2017年のリーグの打撃成績を比べると、メキシコWLのほうが打率、出塁率がわずかに高く、長打はむしろ少ない。また、三振/四球比が少し低い。平均得点はほとんど変わらず、観ていて実感できる差ではないだろう。

LMPリーグ打撃成績比較

ただ、リーグ内の成績をいくら見てもリーグ間の差は測りがたい。日本とメキシコの両リーグでプレイした楽天のアマダーと横浜の乙坂に登場してもらおう。

乙坂アマダー

たった2名の成績でリーグの特徴というのも無理があるが、強いて言えば、

・投手の質を示す三振/四球比SO/BBは、日本がメキシコWLより明確に良い

これは2名とも共通しており、メキシコWLはその分打高かもしれない。他の指標は2名に共通しての大差にはなっていないので、何ともいえない。

乙坂の成績で際立っているのは、インプレーの打球のヒットになる率、BABIPの高さである。通常3割近辺の数字が5割である。詳しく調べるために全打席の結果をまとめた。

乙坂LMP全打席

100打数で9本の内野安打を稼ぎ、内野に転がった打球の26%を安打にした。全盛期のイチロー(.207、2009年)を上回る驚異的な数字だ。さらに、内野失策出塁が5つもある。合わせると内野に転がすと36%がセーフになった。乙坂にとってメキシコの内野は天国だった。

しかし、左うちわで数字を残したかといえばそうでもない。本当に好調ならもっと長打を打っていただろう。11月24日に途中交代した後数試合欠場した際には、おそらくコンディション不良もあったはずだ。オールスター出場を勝ち取った前半は破竹の勢いだったが、後半は外野へ飛ぶ打球が減り、調子は落ちていたと思われる。何とかバットに当てて出塁し続けた粘りが4割達成につながった。

その姿勢は、メキシコのファンの心をつかんだ。
動画字幕冒頭の訳:
着いたときは無名だった
しかし、同僚のみならず敵とすべてのファンの尊敬を勝ち取った
常に次の塁を狙って戦わねばならぬことを思い出させてくれた

2018年、乙坂がこの冬並みの数字を残せるかというと、難しいだろう。しかし、それはメキシコのウィンターリーグが場違いなほどレベルが低いからではないし、運がよかっただけでもない。必死で異国の環境に適応した結果である。彼はそれを自ら証明すると私は信じている。
続きを読む
タグクラウド
最古の記憶は、高木豊がライトファールフライでタッチアップした3走をホームで刺したプレイ。長崎の打撃成績を確認するために新聞を読むようになった典型的な横浜大洋世代。90年代は主に草薙球場で郭源治、アライバ、福留、岩瀬を擁する中日との苦戦に耐えていたが、進藤・谷繁・佐伯の3連弾に立ち会えた。 現在はブログの移行に手間取っている。
  • ライブドアブログ